男性メンズヒゲ脱毛「後悔」するパターン

男性メンズヒゲ脱毛「後悔」するパターン

メンズ髭脱毛でヒゲを永久脱毛すれば、老け顔特有の青ひげを綺麗な肌色にすることができます。

見た目年齢が10歳以上若返ると言われるメンズ髭脱毛は、かつてないほどの大人気で予約がなかなか取れないほど男性利用者が増えています。

 

しかし、メンズ髭脱毛にはデメリットや副作用があり後悔するパターンがいくつかあります。

 

そこで、事前に後悔する例をすべて網羅しました。

 

後悔のないメンズ髭脱毛ができるように、メンズ髭脱毛のデメリットもチェックしてください。

 

ヒゲ脱毛の後悔「ニキビ」

髭脱毛を行うとニキビのような吹き出物ができることがあります。

毛嚢炎(もうのうえん)といいます。

※ 元々あるニキビが悪化するなどということはありません。新しくできます。

毛嚢炎を放置すると肌がニキビ跡のようにでこぼこになってしまう場合もあります。

 

家庭用脱毛器で無理に自分で髭を脱毛しようとすると、肌荒れや毛嚢炎の原因になりますので注意が必要です。

病院で行っている医療レーザー脱毛でもニキビのような毛嚢炎が発生することがあります。

脱毛後の肌は抵抗力が弱っているので、 毛嚢炎ができやすくなります。

医療レーザーの場合、医師看護師が毛嚢炎の予防と治療の薬をすぐに処方してくれるので万が一毛嚢炎ができてしまった場合も安心です。

また最新の医療レーザーでは毛嚢炎ができにくい肌の負担が軽いものが登場しています。

痛みも弱く肌荒れが少ないので人気です。

 

メンズヒゲ脱毛クリニックおすすめ比較

 

ヒゲ脱毛の後悔「効果がない」

髭脱毛のよくある後悔として脱毛してみたが「効果がない」というパターンです。

髭脱毛といえばエステサロンがテレビ CM を盛んに行っているので有名です。

また家庭用脱毛器も手軽にヒゲ脱毛ができるのではないかと思っている方が多いと思います。

しかし髭の毛根は皮膚の奥深くにあり、普通の体毛と違い家庭用脱毛器などでは脱毛力が弱くほとんどの髭が脱毛できません。

エステサロンのヒゲ脱毛も永久脱毛効果はなく、たくさんお金を使ったのに髭が脱毛できなかったと後悔する方が多くいらっしゃいます。

 

髭脱毛の後効果がなかったと後悔するパターンを避ける方法は、医療レーザー脱毛を使った髭の永久脱毛以外にありません。

 

抑毛クリーム屋や、ヒゲの脱毛ローションなども販売されていますが、そのようなもので本当に髭が生えてこなくなったり薄くなったりするという医学的根拠はありません。

※ ヒゲ抑毛ローションの効果がないと後悔している人たちの口コミ

男性メンズヒゲ脱毛後悔の口コミ

 

ヒゲ脱毛の後悔「費用」を無駄にした

髭脱毛の後悔のパターンとして「費用」を無駄にしたと言う場合も目立ちます。

エステサロンのヒゲ脱毛は医療レーザーと比較しても弱く永久ヒゲ脱毛ができるということでもありません。

家庭用脱毛器も効果が弱く永久ヒゲ脱毛ができる効果はありません。

 

その他、髭の除毛クリームや、 抑毛ローションなどは全く効果がない詐欺商品が出回っています。

 

このように効果がないものにお金を使って費用を無駄にしたと言う後悔した人たちの声がネットには溢れています。

 

本当にヒゲの永久脱毛ができる唯一の方法は、病院が実施している医療レーザー脱毛だけです。

 

本当に効果のあるおすすめヒゲ脱毛だけの比較

 

ヒゲ脱毛の後悔「レーザー」が痛い

病院が行っている髭の永久脱毛は医療レーザーを使って行います。

高い効果で本当に髭を永久脱毛することができます。

唯一のデメリットとして「痛み」があります。

医療レーザーは髭脱毛が特に痛い箇所です。

しかし最新の医療レーザーヒゲ脱毛は、最新のマシーンで行われています。

効果が高いだけではなく冷却と同時にヒゲを脱毛したり、バルジ領域と呼ばれる毛根よりも浅い部分にある組織を破壊することで、髭が永久に生えてこなくなる脱毛方式が採用されています。

それだけではなく、湘南美容外科のような大きいクリニックでは笑気ガス麻酔などの痛みを感じづらくする最新の設備が整っています。

しかも、それも含めて低価格で利用できます。

 

現在は、かつてのように泣きながら永久脱毛する必要はありません。

初めての方で痛みに不安がある方も、利用者が多く設備が整っているクリニックであれば安心して利用することができます。

 

ヒゲ脱毛の後悔「永久脱毛」後

後からヒゲをやっぱり伸ばしたいと思って後悔するんじゃないか?

そう心配する方もいます。

 

髭の永久脱毛と言っても、全てではなく「一部分のヒゲだけを永久脱毛」することもできます。

 

もし将来、鼻の下の髭だけを伸ばしたい。あごひげを残しておきたい。

そういう要望がある場合も、デザイン髭脱毛と言いまして自由に残したい髭は残すことができます。

 

また、ヒゲ脱毛して後悔したという人は実際にはほとんどいません。

むしろもっと若いうちにやっておけばよかったという人が大半です。

 

もし全部つるつるにすると後悔するかもと、少しでも不安がある場合は鼻の下だけ少し薄く残す方法もあります。

無料カウンセリングですべてのクリニックでそのような相談が事前にできます。

 

おすすめクリニックの比較

 

ヒゲ脱毛の後悔「副作用」

医療レーザーヒゲ脱毛の副作用は、前述した「毛のう炎(もうのうえん)」が 有名です。

しかしこれは適切な対処をすることで予防することはできますし、万が一できてしまった場合も塗り薬を適切に使うことで綺麗に直すことができます。

 

脱毛後にシミが残ってしまうというケースもあります。

これは日焼け止めで紫外線で肌がダメージを受けることを防げば予防できます。

 

髭脱毛後に顔にシミができてしまうケースは、紫外線が原因です。

髭脱毛後の肌は抵抗力が弱くなっているので、紫外線に注意しましょう。

 

日差しの強い季節の脱毛は避けるというのも良い方法です。

 

ヒゲ脱毛後悔デメリットまとめ

髭脱毛で後悔するパターンとデメリットをまとめます。

 

効果がないサービスや商品にお金を使ってしまうと時間と費用の無駄になります。

また正しい知識を持っていれば、毛嚢炎などの副作用に対して正しい対処と予防ができます。

 

ヒゲ脱毛後に「また伸ばしたくなって後悔するかも?」

そんな場合は鼻下だけ薄くして少し残す方法などもありますので、無料カウンセリングで事前に相談しましょう。

 

クリニックでのヒゲ脱毛は科学的に効果が証明されいます。

クリニックのヒゲの永久脱毛であれば本当にヒゲの永久脱毛が実現します。

 

特に評判の高い「実績のあるクリニック」であれば、後悔のない髭脱毛が実現します。

 

メンズヒゲ脱毛クリニックおすすめ比較